TEL 048-872-1799

〒336-0031 埼玉県さいたま市南区(旧浦和市)鹿手袋2-22-10

インターネット受付システム

埼玉県さいたま市にある服部外科付属メディカルスクエア|浦和 内視鏡 肛門科 痔 下肢静脈瘤 乳がん検診 マンモグラフィー

内視鏡

料金表

診療時間・担当医表

さいたま市の健診

服部内科胃腸科医院

HOME»  内視鏡

胃内視鏡

胃内視鏡検査は食道、胃、十二指腸まで直接見ることが出来るため、異常が疑われる部位があれば、その場で組織検査をすることが出来るのが最大の利点です。
組織検査は内視鏡を通して小さな組織片を痛みなく採取することが出来ます。お腹の症状がなくても、1年に一度は検査されることをおすすめします。
鎮静剤を使った楽な検査をいたします。
喉を通るのが嫌な方でも楽だったとおっしゃいます。
またご希望があれば鼻からの検査も致します。

大腸内視鏡

精密検査、ポリープ切除、EMR(粘膜切除術)、癌の内視鏡治療、潰瘍性大腸炎の評価、出血の原因検査など。本来は痛みやお腹がはったりつらいことのない検査です、つらくない手法で丁寧に施行します。そのつど最新の機材や手技を取り入れています。検査はいずれも1万例以上の経験豊富な専門医が行います。内視鏡はガイドラインに準じた機械による洗浄消毒で安心して受けられます。

ピロリ菌除去

日本人の半数以上がピロリ菌に感染していると言われています。
ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息する悪い細菌で、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因となります。
ピロリ菌を退治する除菌治療は、アモキシシリンとクラリスロマイシンという2種類の抗菌薬とプロトンポンプ阻害剤と呼ばれる胃酸を抑える薬、合計3種類の薬を一週間内服して行います(1次除菌)。
1次除菌に退治できなかった場合には、2次除菌を行います。
2次除菌では1次除菌のうち2種類の薬は変えずに、クラリスロマイシンの代わりに、メトロニダゾールという別の抗菌薬を使います。
保険治療では1次、2次までです。
3次除菌は自費扱いとなります。
3次除菌を希望される場合はご相談ください。

ページTOPに戻る