さいたま市中浦和の内視鏡は服部消化内視鏡センターへ
HOME>ポリープの切除

| ポリープの切除 |

胃ポリープ
胃ポリープ胃ポリープとは、胃の粘膜上皮に局所的に隆起した病変です。 ポリープには最も多い過形成性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、また、特殊なものとして腺腫、家族性大腸腺腫症などがあります。
有茎性のポリープには良性のものが多いといわれていますが、無茎性のポリープには、悪性のものがみられることがあるので注意が必要です。
 過形成性ポリープ
過形成性ポリープの発生は30歳以上で年代と共に増加する傾向がありますが、がん化することはまれです。
高さや大きさが増したりして進行していきます。普通、直径2~3センチほどです。非常に赤く、表面に顆粒状の凹凸があります。出血やびらんも多くみうけられます。
胃底腺ポリープ
胃底腺ポリープは、胃底腺の粘膜に発生し、数個以上発生します。女性に多く、胃底腺の粘膜は萎縮せず、状態が良好なことが特徴です。
粘膜の変化は、胃の大彎曲を中心とした胃壁に多く見られます。数ミリ程度の半球状のポリープで、表面は滑らかで、特に色の変化はありません。
腺腫
腺腫は、高齢者で腸上皮化生をもつ、かなり萎縮した粘膜にみられます。特に男性に多く男女比は4:1です。
高齢者の萎縮性粘膜にみられ、ドーム型、平たいもの、花壇状など様々な形がみられます。灰白色で整った凹凸があります。
症状 一般に無症状です。
胃もたれや不快感、食欲不振などの症状がみられることがありますが、多くは同時に発症している慢性胃炎によるものです。過形成性ポリープの場合は、出血による貧血をおこすことがあります。
検査 X線検査:粘膜の状態やポリープ表面の凹凸の状態を観察します。
内視鏡検査:ポリープの観察だけでなく、場合により生検(組織を採取して病理検査をする)をして、ポリープの詳細な情報を得ます。
治療 過形成性ポリープの場合、小さなものは放置可能で年1回の経過観察をし、2センチ以上の大きいものは内視鏡的治療により切除します(ポリペクトミー)。
胃底腺ポリープは一般的に放置しても心配ないといわれています。
腺腫の小さなものは、半年~1年に1回の検査で経過観察します。大きなもの(2センチ以上)や、がんとの識別がはっきりしないものは、内視鏡的治療により、粘膜の切除をします。