さいたま市中浦和の内視鏡は服部消化内視鏡センターへ
HOME>大腸内視鏡

| 大腸内視鏡 |

大腸内視鏡について
大腸内視鏡現在、日本人の食生活の欧米化が進むにつれ、大腸の疾患が増加し、大腸内視鏡検査の役割も高まってきています。

大腸を観察する場合には、肛門から挿入する内視鏡を用います。
長いスコープで、直腸から結腸、回盲弁(大腸の入り口)の大腸全域を観察することができます。大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、挿入方法はすこし複雑ですが、小腸の手前まで挿入することが可能です。
また、最近はスコープの硬度が手動可変になり、よりスムースな挿入が可能になってきました。さらに、大腸内視鏡の鉗子口(かんしこう)を通じて様々な器具を用いることで、組織採取や、ポリープ切除などの処置も行えます。

※検査は痛みやお腹のはりのない手法でていねいに検査します。
大腸は他の臓器同様に個人差があります。
大腸の個性に応じた挿入法で無理のない検査を心がけています。