さいたま市中浦和の内視鏡は服部消化内視鏡センターへ
HOME>経口・経鼻内視鏡

| 経口・経鼻内視鏡 |

経口・経鼻内視鏡について
経口・経鼻内視鏡皆さんは、内視鏡検査は苦しいというイメージを持っていませんか?

通常の胃カメラ検査では、口から行う経口内視鏡が一般的です。
経口内視鏡では、喉の奥にある舌の付け根(舌根)にスコープが接触するため、吐き気をもよおします。
しかし経鼻内視鏡は、鼻から挿入するため、スコープが舌根に触れることなく食道や胃に到達します。よって、不快感・吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。

また、経鼻内視鏡検査では、検査中でも医師と会話ができるため、質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。

※検査で苦しい理由は個人差が大きく鼻からも苦手な方もいます。
鼻もダメな方は静脈麻酔を利用した検査をすすめます、詳しくはスタッフへお聞きください。

経口挿入と経鼻挿入の違い