さいたま市中浦和の内視鏡は服部消化内視鏡センターへ
HOME>内視鏡BLOG

内視鏡BLOG

泳ぐカプセル内視鏡、龍谷大・大阪医大が開発
米SF映画「ミクロの決死圏」さながらに、尾びれを使って体内を自力で移動しながら患部を撮影する新型の「カプセル内視鏡」=写真=を、龍谷大、大阪医大の研究チームが開発した。消化管内の狙った場所を詳しく撮影でき、検査や診断の正確さが向上すると期待される。

 消化管内の撮影法は、患者の負担が大きい胃カメラに代わって、錠剤型のカプセル内視鏡が実用化されているが、従来は、のみ込んだ後に胃腸の動きに合わせて動くだけで、自由に移動できなかった。

 内視鏡には、磁石を内蔵した樹脂製の尾びれがある。体外で磁場を発生させると磁石が振動して尾びれが動き、様々な方向に動き回る。発光ダイオードで照らし、超小型カメラで特定の位置や方向から撮影できる。全長4・8センチ、直径1・4センチ。

 犬の胃を使った実験で撮影に成功、1年以内に人間の大腸での臨床試験開始を目指す。大塚尚武・龍谷大教授は「狭い小腸や大腸内も進めるパワーが出るよう工夫し、すべての消化管を検査できるようにしたい」と話す。

さいたま市の内視鏡治療なら服部外科胃腸科医院へ

投稿者 服部外科胃腸科医院 (15:20) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :